無料相談に参加しよう

借地権の売買に関しては、借地権買取り業者をインターネットで探してみるといいでしょう。借地権の売却や相続することや有効活用することに対しての無料相談会を設けている業者もありますし、詳しく知るためのセミナーを開催している業者もあります。一度無料相談会に参加することをおすすめします。

無料相談借地を有効的に利用するためのプロ集団であることから、借地権の売却だけでなくて、その土地に新たな建物を建てて、そこから家賃収入を得ることを提案してくれることもあるでしょう。借地権を闇雲に売却することで資産の価値が下がってしまうこともあり、相続性を安く抑えることも可能です。

このように借地権を所持していることで、アパート経営もできますし、マンション経営することも可能となり地主も借地権所持者にとっても収入を得る材料となることから、お互いに良好な関係が続くことになるでしょう。

無料相談することで、土地を有効利用する方法を導きだしてくれますので、安心して相談できるはずです。しかし、どうしても地主から承諾を得られない場合には、家庭裁判所に申し立てを行うことができますがここでも却下されることがあるので、そのような時には弁護士にも相談するといいでしょう。

勝手に売却できない借地権

借地権を相続しても地代の支払いが億劫であることから、地主に返却することや売却することを考える人も多いのですが、借地権は借り受けた土地に居住することのできる住宅を建てることを目的にしている契約になりますし、契約年数もかなり長くて、30年とか50年とか契約内容により違いが生じます。このように契約年数が長いことで、地主も地代が必要ですから契約期間内での解約にすんなり答えることができないケースが多いでしょう。

それならば、地主に許可を得てから、その土地を売買することを検討するのがいいでしょう。地主には承諾なく売却することができませんので、どう対処すればいいのか相談してみましょう。借地買取り業者にて効率よくスピーディーに借地権を売買してくれますので、そこの相談することをおすすめします。地主との交渉は時間が掛かることもあるでしょう。

また、地主にとっては地代が収入源となることから、口頭での説得だけではなくて、譲渡承諾願書なる書類を作成して話し合うことが重要です。売却するにあたっての諸条件を詳しくすることで、地主の心もほどけてくることを願うしかありません。仮に地主から許可を得ることができなかった場合でも、借地権買取り業者の担当者が説明を重ねることで理解してもらえることが多いようです。

借地権を相続したらどうする

自分の実家が借地権であることが、相続したときに明らかになることがありますが、その土地が借地でも相続することが可能なことを知っていますか。

借地権について詳しく説明しましょう。土地を持て余している地主は結構多いのですが、その方から住居を建てる目的で土地を借り受ける権利を借地権というのです。地代の支払いが発生しますので、土地が余っている地主にとっては嬉しいことでしょう。期限を定めた契約になるのですが借地権と言っても1つだけではないのです。地上権、賃借権などのほかにも使用借権と地役権などがあるのですが、駐車場やゴルフ場などで利益を得るものでは借地権として認めることができません。借地権

この借地権を相続などで引き継ぐことができるのですが、そのあとでも地主に対して地代を支払い続けなければいけないことで、負担に思ってしまうこともあります。そのようなことがあれば、この土地がもういらないのではと思うのも当然です。こんなときにどう対処すればいいのでしょうか。地主に黙って売りさばいてしまうことはできないはずですし、どこかに相談することができるのであれば話を聞いてほしいと思う方もいるでしょう。このような案件に強いのが、借地権買取りの専門業者です

このときに注意しなければいけないことは、仲介業者でも買取りについての相談に乗ってくれるのですが、買い取ってくれる第三者を探しだすことが業務であるため、直接借地権を買い取ってくれるわけではありません。