借地権を相続したらどうする

自分の実家が借地権であることが、相続したときに明らかになることがありますが、その土地が借地でも相続することが可能なことを知っていますか。

借地権について詳しく説明しましょう。土地を持て余している地主は結構多いのですが、その方から住居を建てる目的で土地を借り受ける権利を借地権というのです。地代の支払いが発生しますので、土地が余っている地主にとっては嬉しいことでしょう。期限を定めた契約になるのですが借地権と言っても1つだけではないのです。地上権、賃借権などのほかにも使用借権と地役権などがあるのですが、駐車場やゴルフ場などで利益を得るものでは借地権として認めることができません。借地権

この借地権を相続などで引き継ぐことができるのですが、そのあとでも地主に対して地代を支払い続けなければいけないことで、負担に思ってしまうこともあります。そのようなことがあれば、この土地がもういらないのではと思うのも当然です。こんなときにどう対処すればいいのでしょうか。地主に黙って売りさばいてしまうことはできないはずですし、どこかに相談することができるのであれば話を聞いてほしいと思う方もいるでしょう。このような案件に強いのが、借地権買取りの専門業者です

このときに注意しなければいけないことは、仲介業者でも買取りについての相談に乗ってくれるのですが、買い取ってくれる第三者を探しだすことが業務であるため、直接借地権を買い取ってくれるわけではありません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket