勝手に売却できない借地権

借地権を相続しても地代の支払いが億劫であることから、地主に返却することや売却することを考える人も多いのですが、借地権は借り受けた土地に居住することのできる住宅を建てることを目的にしている契約になりますし、契約年数もかなり長くて、30年とか50年とか契約内容により違いが生じます。このように契約年数が長いことで、地主も地代が必要ですから契約期間内での解約にすんなり答えることができないケースが多いでしょう。

それならば、地主に許可を得てから、その土地を売買することを検討するのがいいでしょう。地主には承諾なく売却することができませんので、どう対処すればいいのか相談してみましょう。借地買取り業者にて効率よくスピーディーに借地権を売買してくれますので、そこの相談することをおすすめします。地主との交渉は時間が掛かることもあるでしょう。

また、地主にとっては地代が収入源となることから、口頭での説得だけではなくて、譲渡承諾願書なる書類を作成して話し合うことが重要です。売却するにあたっての諸条件を詳しくすることで、地主の心もほどけてくることを願うしかありません。仮に地主から許可を得ることができなかった場合でも、借地権買取り業者の担当者が説明を重ねることで理解してもらえることが多いようです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket